浴衣にブラジャーやめて

若いお嬢さんで、「ああ、きれいな着付けだな」って思わせてくれる浴衣スタイルの方、あまりお見かけできません(~_~;)

美しい着物のシルエットって「I型」なわけですが、若い方はどうしてもくびれたウエストと豊満なバストラインを強調したいんでしょうね。洋服と同じようにパットとボーンの入った厚みのあるブラジャーをなさっておられるようで。

そもそも胸を潰す、補正を入れる、という知識がないのかもしれません。それで、帯の上にどよ~んとナニか乗っかっただらしない状態になってしまってる人がおおい。

浴衣は3点セットで買ったとしても、和装ブラジャーを買うまでには至ってないんだろうな。

せめてスポーツ用のハーフトップブラは持ってないかなぁ。


あ、もしかして、これって、売り手側の責任かも。

浴衣売り場で積極的に和装用ブラジャーの商品陳列して、「これは必需品ですよ」って消費者に認知させるべき!


あと、本当は、ウエストにもタオル巻いた方が良いですよ。補正や着くずれ防止の面からも大切なことですが、そのほかにも帯を汗から守る役割もありますから。

浴衣自体は着たら洗えば良いですが、帯は洗濯しないでしょ?汗染みがカビや変色につながるので、汗を直接吸わせないことは大切です。

暑くて大変でしょうけどね。でも、マキシ丈のスカートにサッシュベルトやビスチェなんかをコーデする元気があるなら浴衣の下にタオル巻けるって思えてきません?


ちなみに男性も着物の時、ウエストの細い人は補正を入れるんですよ。

ただね・・・。女性と違ってガッツリ帯でホールドできないので、補正タオルの上を腰痛ベルトかコルセットなどで固定した方が良いですね。

なので、浴衣ぐらいだったら補正入れなくていいんじゃないかなって思います。

男子の浴衣スタイルはちょっとはだけちゃってるぐらいでも良いかなと。



メモリアル着物バッグ

形見の着物から世界で一つのバッグをお仕立ていたします

0コメント

  • 1000 / 1000